2022年08月08日

■海老名市立図書館(神奈川県)、常任委員会視察しました。

海老名市立図書館視察

昨(2021)年11月16日、総務文教常任委員会で神奈川県海老名市の市立図書館を視察しました。

清瀬市では中央図書館の老朽化による大規模改修が検討されており、施設の改修とともにその運営について、私はかねて指定管理方式で素晴らしい民間の運営方式を取り入れるべきと提案していることから、委員の皆さんの賛同を得て、市営で指定管理方式の運営をしている海老名市を視察することとなったのです。

海老名市立図書館視察

まずは海老名市役所にて座学でのレクチュアを受けます。その前に委員長として視察受け入れの御礼挨拶をしました。

海老名市では、若者の読書離れなどから利用率が低下したことに加え、築30年となり老朽化も進んでいたことから、中央図書館を指定管理者制度のもとリニューアルオープン。指定管理者は、書店である蔦屋を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(※以下CCC)と図書流通センターとのことです。

海老名市立図書館視察

海老名市立図書館視察

その後、図書館へ移動。現地での視察となります。施設前で指定管理会社であるCCCさんから説明を受けました。

海老名市立図書館視察

海老名市立図書館視察

もともとこの施設はプラネタリウムも併設されていたため円形の部屋が多く、その形も生かして随所に曲形の本棚が並びます。

海老名市立図書館視察

もともとは地下の閉架書庫も生かして、ディスプレイ的に並べています。地下コーナーは専門書や大人向けの本が多く、静かで落ち着いた雰囲気です。

海老名市立図書館視察

一階では蔦屋さんの同様売り物の本や文具も並びます。売り物の本であっても施設内のカフェコーナーで座りながら読んでも良いそうです。

海老名市立図書館視察

指定管理によって変わったサービスは、まず開館時間の年間無休と一日の開館時間の延長。キッズライブラリーの開設。カフェ(スターパックス)や書店(蔦屋)の併設。これらによって、利用者数はそれまでの約3倍、貸出者数も1.7倍に増加したそうです。すぐ上の写真は、施設内のスターバックスです。もちろん、カフェだけのために来られる人もいるそうです。

海老名市立図書館視察

私もスタバのプラペチーノを買って帰りました。清瀬市の図書館は児童館との複合施設です。とても楽しみです。

【関連】
総括質問 γ羆公園の再編について/令和2年予算特別委員会 2020年06月27日記事
リハビリテーション学院跡地の再整備を/令和3年9月議会 2021年11月23日記事
清瀬南部エリア児童館整備について/平成29年9月議会 2017年12月31日記事

Posted by takosuzuki │ ■視察