2023年05月28日

■「集中豪雨対策で雨水貯留浸透施設」、公明新聞に掲載されました。

集中豪雨対策記事

去る5/10(水)付けの公明新聞6面に、「集中豪雨対策で雨水貯留浸透施設」の記事が掲載されました。
集中豪雨対策で雨水貯留浸透施設
東京・清瀬市
東京都清瀬市中里一丁目を通る市道に先ごろ、集中豪雨対策として「雨水貯留浸透施設」が5基整備され、近隣住民から喜ばれている【写真】。

 この地域は、周囲よりも土地が低いため雨水がたまりやすい。過去には道路冠水や住宅の床下まで浸水する被害が出た。

 こうした現状を踏まえ、市議会公明党の鈴木六並緝修蓮■隠闇以上前から定例会で一貫して豪雨対策を訴えていた。

 雨水貯留浸透施設の貯留量は5基で550トン。集水ますと雨水管を通してたまった水を時間をかけて地下に浸透させることで雨水を減らす仕組み。

 かつて豪雨被害を経験したことのある住民は「地域にとって長年の懸案だった豪雨被害がなくなるよう期待しています」と語った。


Posted by takosuzuki │ ■新聞等での掲載